外国人

介護職に、外国人を

ルポvol.18  【外国人3】 「ありがとうございます…」。 産科医師が言った「お大事に」に対する若いベトナム人女性の片言の礼が、空しく響く。 お腹に、新たな命が息づいていることは、検査で判明。しかし、彼女は、東京のブラック...
託児

足立で、「出張託児」を事業化したい!

ルポvol.17 【託児1】 扇風機がゆるやかに回る、午前の窓辺。畳の部屋のテーブル前に、母子が寄り添って坐る。膝に抱かれた0歳児の男の子は、黒い瞳をじぃと見据えて安らっている。髪の毛が横っちょにはねた3歳の女の子は、はにかんで隣の肩...
児童施設

「児童福祉司」で「里親」だから、見えること

ルポvol.16【児童施設1】 年配で小柄な清掃員の女性が、ドアの上部に手が届かず困ってる。「拭きましょうか」と児童福祉司の白田有香里さん。濡れ布巾を受け取りさっと拭くその人も、わりと小柄なのが微笑を誘う。そのドアの向こうが、取材を行...
ネットワーク

「いていい」場所、つくる

ルポvol.15  【居場所1】 「迷ってたでしょ?」と、朗らかな声。引き戸を閉めて振り返ると、大山光子さんが机の向こうで笑ってる。不思議と、初対面の感じがしない。 昨年の、まだ肌寒い3月のこと。指定された「母子生活支援施設 ポ...
外国人

「イスラム」視点で、 外国ルーツの子をサポート

ルポvol.14  【外国人2】 天とつながっている…。「アッラーフ・アクバル(神は偉大なり)」という節に始まる礼拝(サラーム)への呼びかけの、朗々とした美声を街角で聞くと、いつもそう感じ、安らぎを覚えた。10年前、異教徒として、イス...
母子支援

心ゆらし、母子支え

ルポvol.13【母子支援1】 ガラリと会議室の戸が開く。「ごめんなさい、 カンファレンスが長引いて遅れます!」と詫びる声に顔を向けると、母子支援員主任の橋本久美子さんの姿。廊下を歩き指定の部屋に向かう私を呼び止める表情が、切迫してい...
イベント

3月17日、弁護士さんに聞いてみよう

ルポvol.10  【イベント3】 足立区のポルテホールで開催 家庭やお金の問題を、一人で抱え込まないこと。 その悩み、ぜひ弁護士さんに打ち明けてください。解決の糸口が見つかるかもしれません。 3月17日(水)、足立区のポルテホ...
ヤングケアラー

親が喰らう子、ヤングケアラー

ルポvol.11  【ヤングケアラー1】 荒野にポツンと一軒家。中に2匹の虎がいる。一緒に暮らすのは、幼い女の子。彼女は、猛獣の世話をしなければならない。噛みつき襲う攻撃をかわすも、ときに深手を負う。相手の心は分からない。助けを求める人は...
貧困

貧困の子に、「体験」を

ルポvol.10  【貧困問題1】 まるで千手観音のように、つなぐ手が無数に伸びているよう。多様な分野の人たちの手を次々とにぎっては、さまざまな子ども支援事業を手がけていく。そんな片野和惠さんの経歴や活動を追うのは大変だ。 「ベース...
里親・中途養育者

里親は、孤立している

ルポvol.9  【里親・中途養育者2】 テーブル上のショートケーキを、ひょいとつかもうとする2歳男児キヨちゃん。「それはお客さん用だからね」と、里母の志賀志穂さんは優しくいなす。元気一杯の小さな「怪獣」を、里父の志賀マサシさんが「お...
外国人

外国人問題の根は、日本語の壁

ルポvol.8  【外国人1】 障子の光が穏やかになる午後4時。小学生帽をかぶった、アフリカにルーツを持つ女の子が、「こんにちは」とはにかみ挨拶する。畳の上のテーブルで、国語の教科書を広げるのはボランティアの日本人女性。背筋をピンと伸ばし...
イベント

「つながり」育む、“がきんちょ”地域食堂

ルポvol.7  【イベント2】 とくに告知はしない。しかし、当日になると、わさわさ子どもたちが来る、母子が来る、近所の老若男女が来る。そしてテーブルを囲み、ボランティアの人が作った手料理をワイワイ食べる。今、よく耳にする「子ども食堂」の...
タイトルとURLをコピーしました