教育

足立の職業人が、中学生に伝えたこと

ルポvol.30 【教育2】 バイクから降りもせず、16歳の少年は、「俺、バイトしたいんです!」と言い放つ。それでも「明日、来い」と受け入れた寿司屋の大将は、その後数年間、毎日彼を厨房でしごき、社会人として鍛え上げた。さらに数十年後の...
外国人

子育てママよ、まち起こせ

ルポvol.29【外国人4】 シンポジウムのプログラムが終わる。登壇者たちが舞台を降りかけ、聴講者たちが席を立とうとざわめく。そのとき、1人の女性の声。「話したいことがあります!」という切迫した言葉が、会場の動きを止めてしまった。...
ヤングケアラー

ケアラーが、世界を変える

ルポvol.28 【ヤングケアラー3】 青空が広がる学校の屋上。「私、本当は、どうしたいんだろ?」と、高校生の陽菜(ひな)はポツリ言う。彼女の葛藤に気づき心配する親友に、初めて本音をもらした瞬間だった。心解き放つように、鳥が羽ばた...
教育

「アート的思考」で、はつらつ育て!

ルポvol.27 【教育3 】 ビューッと横にひいた青線は「海」。その上に、緑の「山」がにょっこり描かれる。8歳の男の子の筆が止まらない。周囲の2歳から小学生の子どもたちも同じ。絵の具を跳ね飛ばし、白い紙を、次々色鮮やかに染め上げ...
教育

かつて学校は、おおらかだった

ルポvol.27 【教育2】 リフォームの取材が一転、「学校」について 「なんの仕事をされていたのですか?」。この質問をしてから、話が大きくそれてしまった。 Hさんが、「40年間、東京都内で小学校の教師を」と答えたからである。...
歯科

「仕上げ磨き」は、15歳までやっていい

ルポvol.25  【歯】 歯科医師によるプロジェクト「はみがきあ~ん」 1歳の子どもが、かたく目をつむり、泣く。その小さな両手と体を、母親ががっちり太ももに挟んでいる。「はがいじめ…」という言葉が浮かんでくるが、心配ご無用。子の口...
教育

「公民館的」な学びで、地域づくり

ルポvol.24  【教育1】 あるオンライン講座で、「公民館構想」について知る。 終戦直後の日本で、当時の文部省公民教育課長が打ち上げたもの。全国に公民館を建て、地域づくりの拠点しようという大ビジョンである。焼野原に立った役所...
フードパントリー

「食・場・情報」で、貧困なくす

ルポvol.23  【フードパントリー1】 宅配準備は、教会の大ホールで 朝9時前。ホールで立ち働くボランティアさんの一人に、食材の仕分け作業を手伝いたいと申し出る。「どうしたら…?」と聞くなり、「これ、1個ずつ、入れてって!」...
外国人

江戸川区に、国際スクールを

ルポvol.22  【外国人4】 “インド系日本人初の政治家”よぎさん 象の顔を持つヒンドゥー教の神様ガネーシャが、着飾って鎮座されている。 その福徳の神をお迎えする祭りの当日、東葛西にある江戸川印度文化センターのホールは、インド...
ヤングケアラー

「ヤングケアラー」ってなに?  IN足立

ルポvol.21  【ヤングケアラー2】 家族などの世話を担う「ヤングケアラー」は、「可哀そうな子」ではない。 「任されてしまう子」である。賢く、心優しいゆえに。 宮崎駿監督の映画『となりのトトロ』でいうなら、幼い妹のメイの世...
行政

公務員だからつくれる支援の「形」

ルポvol.20  【行政1】 「私の上司は、スーパー課長なんです!」。江戸川児童相談所の児童福祉司・白田有香里さん(vol.16にて記事掲載)は、きっぱり言う。「どんな人ですか?」と尋ねると、「意見したら『それいいね! 区長に提案し...
イベント

ママたち癒す「子育て」カフェ

ルポvol.19  【居場所1】 6年間の準備を経て、関原商店街に開設 ベビーカーを入れても大丈夫。テーブルをちょっと動かせばいいから。 手づくりのスイーツに舌鼓し、地元の焙煎店で焙煎されたスペシャルティコーヒーの豊かな香...
タイトルとURLをコピーしました