みんなで使う「実験のイエ」を

教育

「ヰヱ」で、「家族」というを単位を壊してみる

前みたいにお店をやると、家族で旅行もしにくくなり、自由が利かない。新しいこともしたい。それで今の「ヰヱ」のスタイルになりました。立ち上げて半年になります。イベント内容は、おかあと僕とで考えたものだったり、他の人の持ち込み企画だったり。

 

「ママさんの共同暮らし」は、子育て未経験のママが経験者のママと、ここで合宿して子育てを学ぶというもの。「子育ては自分一人で」というのではなく、みんなでやればいい。誰の子どもであっても、成長していく大切な存在だから、大勢で守ってあげなくちゃけいない。「家族」という単位をつくったから、子育てがしんどくなってる。その単位が壊れてもいいんじゃないかな。身内が中心でしたが、知らないお母さん同士も来られ、30人ほどの参加となりました。

 

僕自身を貸し出す「おとうレンタル」では、いろんな仕事が来ています。先日は、スズキミ先生(vol.27)のところで、絵のモデルをやりました…いえ、ヌードじゃなくて(笑)。知り合いのお子さんの面倒を見るというのはよくあります。知らない保育士さんより、親しい人に任す方が安心なわけです。資格がなくてはできない、ということじゃないと思う。信頼関係でできるというのが、「おとうレンタル」ですかね。ゆくゆくは「何でも屋」ではなく、企画として「僕を、〇〇の仕事で1週間使ってみませんか?」と広告して、お客さんを集めてもいい。

 

「にほん語ことだま研究会」は、まだ1回やっただけですが面白かったです。サイコロを使って文字を選択し、その文字を使っている単語を、参加者みんなで書き出す。出てきた単語を見て、その文字の意味を改めて自由に考え、議論します。記念すべき第一文字目は、なんと「あ」! 偶然にしては、すごすぎです。知り合いのオペラ歌手の方は、言葉の響きに対する感覚が鋭く、こちらが思ってもみないイメージを展開され、新鮮でした。

 

若い人たちに向けたイベントも試みています。「将来や生きることについて語らいませんか?」と学生さんに呼びかけましたが、集まったのは大人ばかり。「働き方」「幸せ」などを熱く語り合えて、とても充実した時間を過ごしました。大人こそ、そうした機会が意外にないのでしょうね。

 

まだまだ「ヰヱ(イエ)」自体の周知ができておらず、人集めに苦労しています。しばらくは部屋のレンタル料を無料にし、多くの人に使ってもらいたいなと。水道光熱費ばかり出て行きますが、「それぐらいは僕が稼がなきゃ」と、食関係か学童保育的なバイトを探したんです。子どもの方は保育士の資格がないとできない。結局、産婦人科の調理の職を得て、今そこで午前中に働いています。

 

…ちょっとした食べものものなら、「ヰヱ」で披露してますよ。マルタのスナックフード「パスティッチ」は好評でした。日本のタコ焼きより食べる頻度が高くて…そう、ハンバーガーみたいな感じかな。本とYouTubeでつくり方を研究しました。機会があれば、ぜひどうぞ。

 

 

学校側は柔軟に対応してくれる

東京に帰って来て、結ちゃん通う小学校を決める際、足立区で通える6校へすべてに行き、副校長先生とそれぞれ面談しました。「ホームスクーリングと併用する形に」と伝えると、みなさん理解を示してくださる。今通っている小学校では、特に副校長先生がとても感じが良い方なんです。校長先生、担任の先生ともお話して、すべてを承知されました。日々の出欠は、その都度学校にメールしています。

 

宿題ですか?  逆にやりたがったりするんですよね。宿題って、やらないときあるのかな?(おかあ・友子さん/あるよ~。タブレットをわざと学校に置いて帰って来るとか(笑))。

 

給食は、やはり調味料や添加物で心配なところはあります。結ちゃんにしたら、給食自体が楽しい体験みたい。「食べてはいけない」というのもストレスになるので、そこまで目くじら立てないことに。今日は、「避難訓練が面白かった」と言ってました。

 

自分と他人を認め、「今」を生きる

コロナ禍のとき、スピリチュアルが一気に流行しました。いろんな人が、「宇宙の仕組みはどうなっているのか?」「人は、なぜ生まれてきたのか?」と問う。根本的なことって、誰も正解を知らない。いくら本を読んだところで、その人の意見でしかない。古今東西の研究者たちの考えは立派で尊敬しますが、結局「正しいか」の検証は不可能です。だったら、各々自分の中でしっかり考えて得た答えが、それぞれに正しいんじゃないかなと。各々に各々の宇宙がある。

 

宇宙から地球を眺めたとき、人間なんて、あるのかないのか分からない、ほんの一瞬の存在です。僕たちが見ている夜空の星の光は、何億光年前に発した遠い過去のもの。その過去と現在が、今、同時に現れている。そこに未来を重ねたとしても、無限の時間に比べれば、やはりすべてが「無い」のと同じことじゃないのか。また、僕たち人間を含む物質としての存在は、原子・電子のミクロから宇宙のマクロの世界に至るまで、電気的エネルギーに結びつけられ、絶妙のバランスで「今」という瞬間に成立しています。これはまさに奇跡的なこと。だったら、あれこれ悩むのではなく、「今」というその場、そのタイミングを大事にするだけでいいんじゃないか。少し将来のことを悩んで、保険に入る、貯蓄をしないといけない、勉強して資格を取る…とかではない。この瞬間に全部がある、だから「今」を楽しもう…そんな感覚になってるんですよね。

 

戦争や犯罪など、不条理なことに巻き込まれて、命を失う人たちがいる。それはとても悲惨なことです。でも人はやがて死ぬ。お金の存在が大きすぎるこの世の中は生きづらい。だったら魂がこの体から抜けた方が、実は楽になることなんじゃないか。もちろん、基本は「平和であること」だと思います。自分は自分のやりたいように生きる。同じように、他人も他人のやりたいように生きたいはず。だから他人が望むことは、「どうぞどうぞ」と尊重します。自分も他人もお互いが認め合えたら、多様性のある社会になっていくのかなと。

 

おかあからは、よく怒られます。「お金を稼いで来い」とか言うわけじゃない。「自分でやりたいことがあるんだったら、なんでそこへ行けないの」と。僕はつい寄り道しちゃいますから。お金に頼ったり、人にうまく頼り切れなかったりする。もっと前に突き進むことができればなと…。

 

(4歳の男の子、冷蔵庫から何か取り出す)あっ、僕の特性オレンジジュース!? それ高いのよ~、どうしても飲む?…そう… いいよ、おとうの一杯おごりで!

 

 

(聞き手・ライター上田隆)

 

 

<問合せ>

  • 東京千住・ヰヱ

〒120-0034  東京都足立区千住2-18

HP  https://ie-tokyo-senju.com

 

  • おとうレンタル

1時間1,000円

 

<参考Webサイト>

  • タビスルオヤコのおかあチャンネル
トゥクトゥク家族、90日間日本一周🛺
2024年5月26日から3カ月家族で日本一周トゥクトゥクの旅をしていますひとを知りたい 自分を知りたいそれぞれの考え方 暮らし方 生き方たくさんのひとの「生」に出会うために今までとは別の世界を自分たちで築くためにおとう⇒付き人、地球案内人いろいろお手伝いします 泊めてくださいおかあ⇒宇宙人、地球観光客あなたの「夢」聴か...
  • 改田友子さんのインタビュー記事

タビスルオヤコの「学校」

タビスルオヤコの「学校」
ルポvol.47 【教育】マルタ共和国に一家で移住。帰国後は小学校を選ばず佇む「おかあ」と「おとう」の姿。どことなく哀愁漂う。こまやかな観察眼を感じる。その魅力的な絵の作者は、なんと小学3年生の女の子。改田友子さんの愛娘・結さんである。0歳...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました